❮PR❯ 当サイトでは記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

台湾旅行 | 準備編その1

台湾準備編1 台湾旅行準備

そうだ台湾へいこう

旅行に行くまでも楽しもう❥❥❥

台北に住んでいたことがあり何度も台湾旅行はしていますが、
一緒に行く方が初台湾だとして、初心者がおさえておきたいことを今回ご紹介します。

記事一覧ページ
台湾旅行INDEX

  1. 旅の目的とエリアを考える
    観光の目的やエリアが何なのかどこなのかいくつか絞り込むといいと思います。
    食べ歩き・美術/博物館・マッサージ・ショッピング・九份など
    季節や旅程の配分を決めて、泊まるホテルのエリアなどを決めた方が効率的です。
  2. パスポートの残存期間の確認
  3. 旅程を決める
    ※この時に台湾の現地カレンダーを確認した方がよいです。
    前回ちょうど10月の4連休にかかってしまい、南部への旅行は諦めちゃいまいした。
  4. 自由な個人旅行なのかパックツアーなのか決める
  5. エアチケット&ホテル&海外旅行保険等の手配
    併せて、空港までのアクセスや前泊後泊の必要有無を確認
  6. フライトやホテルが決まったら、現地でのインターネット環境を検討を
    ホテル内や台北街中では日本よりFreeWifiが充実してはいるようですが、
    SIMポケットWiFiをレンタルする方がよいかなーと。

    前回は台湾資本、従業員約700名規模の会社がやってるKKDayという会社で
    SIMを借りることにしました。
    KKDay(台北のページ)

    他と比べてお得ꔛ♡
    鼎泰豊、故宮博物館、空港までや台湾新幹線のチケット割引&予約などもあるので、ぜひチェックしてみて☝️
    台北以外もあるよ


    #PR
    楽天トラベルで割引率の高い「北北基カード」が予約できるよ
    <メトロ乗り放題・台北101展望台など施設入場付き>

    楽天トラベルで小籠包で有名すぎる鼎泰豊のクーポンも予約できる

出発前に準備しておきたいこと

✔️ 入国カードを事前申請

2015年から入国審査オンライン事前申請できるようになってます。

中華民国内政部
台湾内政部移民署(入国管理イミグレ)のサイト
入国カードの注意事項

KKDayさんの台湾入国カード書き方サンプル2024

2022年9月29日より無査証(ビザ不要)での観光渡航再開。
台湾到着時の日本旅券の有効期限が帰国日を含め滞在日数以上あることが必要です。
(ワクチン接種の有無や回数は入国の条件として規定されていません)

✔️ 該当していれば「常客証」を申請

1年に何度も台湾を訪れる外国人向けに常客証というビザが発給可能です。

申請資格: 外国人訪台湾者で、直近の12ヶ月で3回以上台湾を訪れていれば申請可能です。
   (申請日から遡って「台湾に入国した日」が3回あるかどうかでカウント)
有効期限: 申請後1年間有効。期限切れた場合は同様の手順で再申請が必要です。
※期限が切れる前に新しい常客照の申請はできません

メリット: 入国の際、時々長ーい行列がでてきているところに並ばず
      快速査驗通關(Speedy Immigration)という入国ゲートを利用できる
台湾内政部移民署 National Immigration Agency (NIA)*英語表示です

申請方法のサンプルはいろんな方が御指南してくれているので探してみて。
申請後はPDFにおとしてプリントアウトをしたものを忘れずに旅行時に持参しましょう。

0.5の日は楽天ポイントもUP☆⸒⸒
PR 楽天トラベル

楽天トラベルバナー

台湾を知ろう

本格的に旅を楽しむなら、台湾の歴史や台湾人の生活・文化も事前に知っておくと楽しいかな。
日本との時差は-1時間。
日本が9時なら、台湾は8時の一時間遅れです。

2024.2.14現在の為替レート 1USDが150円と円高が進んでいる今は 1TWD=約5円とびっくり。

1 TWD(ニュー台湾ドル)≒ 約4.77円
1 JPY ≒ 0.2092 TWD

今、台湾に旅行するとしたら $〇という数字に約5倍 掛け算したものが 物価の目安になります。

コロナ禍前は約3.5円くらいだったので、かなり円安が進んで旅行のお得感が少なくなってしまった。

人口
2023 台湾人口:約2300万人
2023 台北人口:約250万人

面積はよく日本の九州と同じくらいと例えられます。
縦長のさつまいも🍠みたいな形▼

無料素材ご協力 ICOOON MONOさん

外食費は夜市からミシュラン系高級レストランまで。平均すると日本より安いお店も多いです。
そして台湾は真ん中に標高の高い山々があり、両サイドは海に囲まれ、実は住むことができる平地の面積は少なめ。それ故、香港ほどではないのですが住居費用は意外と高くホテルもあまり安くはありません。

台北のベストシーズンは春3-5月と秋9-11月と言われています。
前回10月上旬に設定したので、エアチケット&ホテルも少し高かったみたいです。
でも、台湾人のお友達は「国慶節」を過ぎると暑さがひと段落するので、
それ以降がベストシーズンと言ってました。

ちなみに夏はさすが亜熱帯エリア。
めちゃくちゃ暑いし疲れるけど、夏の醍醐味、マンゴーやパイナップル、
短期間ですがライチに遭遇できることもあるかも。
そして意外に冬も湿気があってひんやり寒かったりしますので冬は上着必須。

親日の国でもあり、比較的安全な治安のよい国だと思いますおねがい
比較的というのはそれでもやっぱり事件が起こることもあるので
どんなに安全とされる国でも(日本でも)ある程度の危機意識をもって過ごしてください。

つづく

タイトルとURLをコピーしました